hedwetitle.png

ホーム.jpgホーム.jpgナビライン.jpgミードとは.jpgミードとは.jpgナビライン.jpg商品案内.jpg商品案内.jpgナビライン.jpgミードを学ぶ.jpgミードを学ぶ.jpgナビライン.jpg店舗案内.jpg店舗案内.jpg



学ぶ見出しのコピー.png


ハチミツとお水だけで造ったワイン、ミードについてのアレコレを、栄養の専門家にうかがい、その良さについて教えていただきました。知れば知るほど奥深い、なるほどハチミツの良さが活かされた、ハチミツのワイン「ミード」の魅力をいっぱい紹介します!

04_img1.jpg

Q1
ミードはワインより歴史が長いお酒といわれています。
私もお酒が大好きで毎日飲んでいますが、大丈夫なのでしょうか?
A1
お酒好きにはちょっと嬉しいデータがありますよ。「適度な飲酒者の死亡率は総じて低い」というデータです。適度の飲酒をする人は、心疾患における死亡リスクが一番低いというものなのです。適度な量とは、1日あたりビール大瓶1本、日本酒1合、ワイン1/3本です。ただし、適量以上を飲み続けると、一気に死亡率が跳ね上がってしまうので注意してください。お酒は適量を守り、おいしく!楽しく!健康的に飲みましょう!


Q2
ミードは醸造酒なのですが、醸造酒について教えていただけますか?
A2
04_img2.jpg醸造酒はおすすめですよ。醸造酒は、蒸留などの作業を経ずに、基本的にアルコール発酵させたままの状態ですので、原料や発酵で生じる栄養成分が含まれているのです。ミードは「ハチミツ」のビタミンやミネラル、その他多くの身体に良い成分がそのまま含まれていますよね。醸造酒は、穀類や果実を微生物によってアルコール発酵させて造るお酒でミードの他には、ワイン、日本酒、ビール、などが含まれます。


Q3
ミードはハチミツからできたお酒なのですが、ハチミツはパワーアップにも良いと聞きますよね。 具体的にはどんな効果があるのでしょうか?
A3
疲労回復の効果が期待できます。マラソン選手は、走っている途中に飲むスペシャルドリンクにハチミツを混ぜることも。ハチミツの約8割は糖分です。糖分は、エネルギー源と使われ、人間にとって一番重要な栄養素といえます。ハチミツの糖分は、果糖・ブドウ糖で構成されています。これらは、糖分の種類で一番小さい単位のものなので、食べてすぐ身体に吸収され、30分後にはエネルギーとなります。疲れた時には、ハチミツでエネルギー補給をしてみましょう!また、果糖にはアルコールの分解を促進してくれる効果もあります。飲みすぎてしまった翌朝には、ハチミツを混ぜたお湯やハーブティーなどを飲んでみるのもいいでしょう。


Q4
女性からは、美肌や保湿成分でハチミツが注目されているんですよ。
その他に女性にうれしいことは何かありますか?
A4
04_img3.jpg女性に多い「貧血」を改善する効果があります。貧血は血液が不足した状態です。血液には、酸素や栄養素を身体全体に運ぶ役割があり、貧血になると顔色が悪くなり、非常に疲れやすくなります。また、血行不良となり「冷え性」となるケースが多いです。
女性は、血を作るために必要な栄養素を意識して摂ることが大切です!ハチミツには血液を造るときに必要となる鉄、ビタミンC、ビタミンB群、銅、葉酸が含まれています。鉄は血液の材料になり、ビタミン類や銅は血液を作る働きを促します。ハチミツには他にもカリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、塩素、ケイ酸、ケイ素、硫黄、リンなど人体に必要なミネラルのほとんどが含まれています。ミードにも、その良さが活かされていると思います。

Q5
ミードの原料になっているハチミツですが、ハチミツって甘くて太りそうですが、大丈夫ですか?

A5
ハチミツ大さじ1杯のカロリーは、約30kcal、同じ量の砂糖は約40kcal。同じ量でも、実は、ハチミツは砂糖に比べカロリーの低い食品ですよ。甘みが欲しい時には、砂糖に比べてカロリーの低いハチミツをおすすめしたいですね。さらに、ハチミツには、ダイエット効果もあるんです。糖質や脂肪を燃焼させるためには、ビタミン群が必要ですが、ハチミツにはB群・Cなどのビタミンが10種類も含まれており、そのビタミン同士が相乗効果を示すのに最適なバランスで配合されています。また、ハチミツに含まれるグルコン酸やオリゴ糖は、腸内の善玉菌の働きを活発にし、腸内の状態を整えます。便秘が改善され、ぽっこりおなかもスッキリするというわけです。


Q6
ミードの味は、ハチミツの甘みがあるものから、お食事にあうサッパリ味まであります。ハチミツのこともここであらためて質問しますが ハチミツも何かお食事に使う方法 ありませんか?

A6
04_img4.jpgお肉やお魚料理にも使ったらいかがでしょう。例えば、ハチミツにはお肉をやわらかくする効果があります。お肉にハチミツをかけて焼くことで、ハチミツ中の有機酸が肉の保水性を良くして、肉汁が流れ出してしまうのを防ぎ、旨味をしっかり閉じ込めてくれます。また、有機酸は、肉や魚の臭みのもととなるアンモニアを中和して臭みを消してくれます。さらに、焼き物のときにハチミツを入れるとカラメル化することにより、テリ、ツヤ、焼き色が美しくなるので照り焼きのときなどにお試し下さい。1歳未満の乳児は免疫機能が未発達のため、ハチミツは与えないようにしてくださいね。ミードはお酒ですから、いわずもがな、ですね。


Q7
古代ゲルマン民族の間では、新婚の一ヶ月、花嫁が男の子を授かるためにミードを飲んだそうです。ミードには何かパワーがあるのでしょうか?

A7
ミードの原料であるハチミツには、代謝を円滑にし、疲労回復を促進させるビタミンB群がバランス良く含まれていますので、パワーをつけるためにミードは適した飲み物と考えられます。
しかし、パワーアップの秘密はそれだけではありません。ハチミツに含まれる栄養素の中で注目したいのが「亜鉛」です。亜鉛は、男性ホルモンを合成するために必要であり、精液の生成を助ける働きがあります。また、精液中にも高濃度の亜鉛が含まれていることから、男性機能にとって亜鉛が重要なミネラルであることがお分かりになると思います。ちなみに、白砂糖には亜鉛は全く含まれないんですよ。 栄養素は単体では働かず、それぞれが関連しあい1つが欠乏していると他も働きません。ミードはビタミンやミネラルのバランスがよいハチミツが原料なので、より効果が期待できそうですね。


Q8
「ミードを飲むと悪酔いしない」と言われているんです。
悪酔いには何か原因があるのでしょうか?

A8
お酒を飲んで吸収されたアルコールが代謝される途中にアセトアルデヒドという物質に分解されます。これが酔った時に現れる「気持ち悪い」「頭痛」「顔が赤くなる」などの不快な症状の原因となります。このアセトアルデヒドをさらに分解するために必要なのが果糖になります。安い酒は、悪酔いするとよく言われますが、これはアルコールの問題ではなく、酸化防止剤など他の物質の影響だと考えられます。
ミードは、酸化防止剤が非常に少なく、アイテムによっては 酸化防止剤が含まれていないものもあるようなので、身体に優しいお酒ですね。





04_img5.jpg「食事はおいしく・楽しく・バランスよく・無理のない実践的なアドバイス」が、モットーという 須永先生からのご解説でした! MEAD byミール・ミィ取材班の私たちも、ミードやハチミツでたくさんの方々が楽しく元気な生活(ミードライフ/ハニーライフ)を送れられるよう 応援していきたいと願っております。




ミードリストバナー.jpgミードリストバナー.jpg

ミードのお取扱い お問合せはこちらミードのお取扱い お問合せはこちら